ダイエット

太りやすい体質を克服する 〜その3〜

太りやすい体質を、少しでも克服するための情報をご紹介する、3回目です。

今回は、食後についてです。

以前、「食べてすぐ横になると牛になる?」の中でも紹介しましたが、食後30分間は何もせず横になっているのが一番良いのです。

その理由について、もう一度おさらいをします。

人間の血流は、食後はお腹(胃)に集中します。

食べたものを、すばやく効率的に消化するためです。

食後に眠くなったり、頭の働きが鈍るのもそのためです。

そして、せっかく消化してくれようとしている、そのときに動いてしまうと、血流が分散してしまい、効率よく食物を消化できなくなってしまいます。

そのため、食後30分は横になっているのが一番良いのです。

ただし、絶対に眠ってしまっては駄目ですよ。あくまでも横になるだけです。

横になるときの姿勢ですが、一番良いのが仰向けになることです。

まさか、食後にうつ伏せで横に人はいないでしょうが(笑)、横を向いた状態ではなく、仰向けの状態が一番です。

次に良いのが、右を下にすることです。

左を下にするのは、胃の流れに逆らう形になるので止めた方が良いでしょう。

ちなみに、ダイエットをするなら最低限プーアール茶は飲んで下さいね。
ティーライフ ダイエットプーアル茶の詳細はこちら

<関連記事>
プーアール茶のダイエット効果で間食三昧!
ティーライフのダイエットプーアール茶
太りやすい体質を克服する〜その1〜
太りやすい体質を克服する〜その2〜
サラっと肥満割(ひまわり)
ナチュラルバランスダイエット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。